女子力アップの知恵袋

簡単に魅力あふれる女子になれる!

未分類

気をつけて!間違ったファスティングダイエットに潜むリスク

7


ファスティングって何?

ファスティングダイエットは、基本的には一定期間食事を摂らないダイエット方法ですが、断食期間や、断食期間中に摂取可能なもの(水や酵素ドリンク、野菜ジュース、野菜スープなど)は、方式によって色々とあります。

現在、「ファスティングダイエット」の中で最も一般的に広まっているのは、野菜や果物、ハーブなどを発酵させて作った酵素ドリンクと水のみで断食をする方法です。

効果は?

ダイエット効果

普段、食欲のままに食べ続けている方はもちろん、ある程度食事に気を付けている方でも、
ファスティングをすることで体重が減り、痩せることができます。
これは、体内に食べ物を入れないことで物理的に減量するということもありますが、体内に溜まっていた老廃物などを出すことで体が軽くなります。
エネルギーを減らすことで脂肪を燃やして、サイズダウンできます。

デトックス効果

体は食べるものでできています。
今までの食事の脂や添加物でドロドロになっていた血液が、ファスティングをすることでサラサラになり、一定の間隔で行うことで内臓の状態も良くなってきます。

ファスティングの危険性、リスクって?

短期間ではあるが心身共に負担は大きい。

食べたいのに食べられない、という状態は、とてもストレスがかかるので注意したいところです。

頭痛が起こるリスク

ファスティングをしていると、専用ドリンクを飲んでいたいとしても毎日必要としている栄養やカロリーなど十分に取れません。そのため脳に必要としている栄養などが血液で送れない状態になります。脳に十分な栄養などを送れないと体に危険信号を送るようになります。
その一つになるのが頭痛で、その他にも体がしびれてしまったりなどの症状も出る場合があります。

頭痛が発生した場合は、ファスティングを中断するようにしましょう。その場合でも、復食を行うようにしてください。

生理不順が起こるリスク

女性の場合だと、自己流の断食ダイエットは生理不順になるリスクがあります。上記でも申し上げたように、自己流の断食ダイエットは無理な断食になりやすいです。無理な断食は心身共に多大なストレスとなりますので、それが原因で生理不順に陥ってしまうのです。
また、当然のことながら過度な断食による栄養不足も生理不順の原因になります。

拒食症や、過食症などになってしまうリスク

間違った方法で断食(ファスティング)を繰り返すとどんどん痩せにくく
なりますし、体調が悪くなったりします。

肌も荒れてしまいますよね。

最悪、拒食症や過食症などの摂食障害になる可能性もあります。

特に自己流で行ったり、長い期間行ったりすることでなりやすいので十分に注意してください。
いきなり長い期間のファスティングを行わないことや、準備期間と復食期間をしっかりと準備すること、栄養失調を避けるためにしっかりと酵素ドリンクなどで栄養を取ることが大事になってきます。

立ちくらみが起きやすくなったり、貧血になるリスク

水分が不足しやすいファスティングでは、十分に補給ができていない場合に立ちくらみの症状が起こる可能性があります。

普段の食事を減らしたりストップしているためにミネラルが不足している人もいるかもしれません。貧血につながることもあるので注意しておきたいところです。

身体に負担がかかり、病気を発症するリスク

お菓子、スイーツ、ジュース、スターバックスなどの甘い飲み物など、普段から砂糖を多く摂っている方は、低血糖症や副腎疲労の恐れがあります。
この状態でファスティングを行うと、体が血糖値の変化に耐えきれずダルさや疲労感が酷く、ファスティング中とてもしんどくなります。

ファスティング中は有害物質の解毒により腎臓、肝臓に負担が掛かります。
普段から砂糖を摂りすぎている場合、副腎疲労を起している事があり、解毒による疲労と合わさって背中がパンパンに張れ、背中の疲れや腰痛が起きます

普段から腰痛で悩まれている方はますます酷く感じる事があります。
中には、腎臓が炎症を起こし腎盂炎になる事もあります。

ファスティングを行ってはいけない人や病気

運動系の部活に所属していたり、日常的に激しい運動をする機会がある人。

ファスティング中の激しい運動は危険なため、部活をやっている人が行うのはやめましょう。
エネルギーを多く使うため栄養失調になりやすく、摂食障害を起こす可能性も高くなります。

心筋梗塞や脳卒中を起こされた方
痩せ型の方
糖尿病
悪性腫瘍
膠原病や難病肝硬変
精神病活動性の肝炎急性炎症
肺や臓器の機能不全
投薬を中断すると危険性のある薬を服用中の方
胃潰瘍
痩せた方(BMI値が19以下)
十二指腸潰瘍
妊婦
狭心症
生理中
心室性の不整脈

これらの状態や、病気にかかっている人がファスティングを行うと、身体機能に著しい悪影響が起こったり、病気が悪化したりする恐れがありますので、やめるようにしてください。

安全にファスティングを行うために

絶食はしない

ファスティングちゅうでも全く何も食べないのはやめましょう。
酵素ドリンクなどを飲んで、身体に必要な栄養素を確保することや、少量の果物を摂取することで、負担をかけすぎないようにしましょう。

専門家や医師の指導を受ける

-未分類

×