女子力アップの知恵袋

簡単に魅力あふれる女子になれる!

未分類

「遺伝だから・・」って甘えてない?太りやすい体質は、自分で変えられる!

7


太りやすい体質の3割は、確かに遺伝だった

体質というのは、遺伝が3割、環境が7割で影響しているといわれています。

♢太った両親と似たような生活をしていれば、太るのも当然!

太った両親の子供は、太った子供が多いですよね。

高カロリーの食事を好み、運動嫌いの家庭で育った子供は太る体質になりやすいでしょうし、同時に家族全員が太っていても頷けます。太りやすい遺伝子を持って生まれ、太りやすい環境で育ち、はじめて太りやすい体質(肥満)になるのです。

最新の医学では、確かに太りやすい遺伝子はあるものの、その影響はわずか30%で、残りの70%は生活習慣によるものだと言われています。

太っているのは、「遺伝」のせいだけじゃないみたい

太りやすい体質の原因、「環境」の7割は、自分で変えられる!

太りやすい原因は遺伝だけではありません。親が太っていても子供が痩せていることは良くあることです。太りやすい原因には食べ方や食べ物のチョイス、そして時間帯なども関係しています。

体質は遺伝よりも環境に影響されます。環境を変える事で、太りやすい体質を改善することは十分にできるのです。

♢1日2回、「太りやすい時間帯」がやって来る・・!

一般的には「夜遅くに食べると太りやすい」と言われています。時間帯で太りやすさが変わる原因には【BMAL1】というタンパク質が深く関係しているといいます。

太りやすい時間帯に食べるものを気を付ければ、体質が改善できそう

●第一回目:16時~午前2時

大体16時頃から徐々にBMAL1が増加し始め、午前2時にはピークになるそうです。22時以降に食事をするのは食べた脂肪分を溜め込んでしまうので太りやすくなるそうです。

●午前6時

朝食に甘い菓子パンやケーキなどを摂るのは、やめたほうが良さそうです。

朝6時は夜22時と同じくらいのBMAL1が増加しており、とても太りやすい時間なのだそうです。最近流行りの朝活ですが、朝6時にフレンチトーストなどを食べてしまうと、夜22時に食べているのと同じことになってしまうそうです!

♢よく噛んで食べると、カロリー燃焼率がUP

よく噛んで食べることでエネルギーの消費がアップします。食物繊維の多い食べ物は消化するまで時間がかかるためカロリー燃焼率が高いのでおススメです。

早食いは太る原因といわれていますよね。まさにその通りで満腹感を感じる満腹中枢が血糖値が上がったと感知するまでに20分程かかると言われています。その間に食べ過ぎてしまいますのでゆっくりよく噛んで食事することが食べ過ぎ防止になりますよね。

♢筋トレをして基礎代謝を上げる

ウォーキングやジョギングより、筋トレをして基礎代謝を上げるほうがてっとり早く痩せられるそうです。

そもそも太りやすい体質とは、基礎代謝が落ちていることが原因です。

基礎代謝のおよそ約60%が筋肉によって消費されています。つまり筋肉を鍛えることによってもっと消費される量を増やすことができるのです。

筋トレをしたことにより分泌された成長ホルモンの働きにより行った日から2日間はこの体脂肪が燃焼しやすい状態が続くとも言われています。

筋トレ=筋肉を付けるのも目的ですが、成長ホルモンを分泌して体を痩せやすい状態にする目的もあります。

♢消化に良い食事をして、酵素の無駄遣いをやめる

肉だったら脂の少ない赤身、魚はカレイ・ヒラメなど
卵・牛乳・大根・キャベツなども消化に良いです。

※消化に良い食品リスト
https://kotobank.jp/word/%E6%B6%88%E5%8C%96%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%84%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%83%BB%E6%96%99%E7%90%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-794694

酵素は人間の体の中でとても大切な働きをしています。1つ目が消化。2つ目が基礎代謝です。

-未分類

×