女子力アップの知恵袋

簡単に魅力あふれる女子になれる!

未分類

すぐ試したい♪お金をかけない「ながら美容」が優秀

7


「指でつまむだけ」でシワ予防

上まぶたと下まぶたを、それぞれ目頭から目尻に向かってつまんでいきます。血流が良くなり、クマや目尻のシワの予防になります。

おでこには表情筋があるため、コリが生じて硬くなりやすいです。軽くつまんで筋肉をほぐすことでシワができにくくなります。

肌をつまむと肌の奥まで刺激することができ、リンパ、血液の流れが良くなります。リンパには老廃物を流す働きがあるため、たるみ、むくみの予防につながります。

歯磨きを「お風呂で」やってみる

リラックス状態にある時に歯ブラシで口の中を刺激すると、成長ホルモンの「パロチン」が分泌されやすくなるそうです。

このパロチンは、若返りホルモンとも呼ばれていて、全身の細胞の代謝をよくしてくれる美容効果があります。

お風呂に入って身体が温まると、歯茎がゆるみ、歯垢がとれやすくなり汚れも落ちやすくなります。

スキンケア時には「肌アイロン」

やり方は至って簡単!顔の中心から外側に向かって、ゆっくり皮膚を伸ばしていくだけです。プリーツスカートのしわを伸ばす感覚で行いましょう。

クリームをなじませるときに優しくまっすぐならしてあげるだけで、美容成分も浸透しやすくなり、肌が驚くほどピンとのびてくれるのだそう。

鏡を見ながら「笑顔の練習」

頬を持ち上げる「挙筋」が鍛えられ、「頬が下がるから影ができる」というほうれい線要因を予防することにつながります。

笑顔には、顔の筋肉を刺激するだけでなく、さまざまなメリットがあるようです。口角を上げるだけで、脳の働きが活発になり、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌も促すのだとか。

口呼吸は今すぐやめて…

鼻で息をするには、吸い込むときに肺を大きく広げる必要があり、無意識に目や顔に力が入り、顔の筋肉がほんのわずかですが緊張することになります。

このわずかな差が、やがては大きな差に変わり、気がつくと口呼吸は顔の筋肉が衰え使い物にならなくなってしまいます。

口呼吸は体内の水分が逃げていく原因になります。そうすると、老化の大敵である肌の乾燥まで招いてしまうことにも。

鼻呼吸によって酸素が多く取り込まれると、血行が促進されるので今までよりもむくみを感じにくくなります。代謝もアップするので、痩せやすい体づくりをサポートしてくれます。

-未分類

×