女子力アップの知恵袋

簡単に魅力あふれる女子になれる!

未分類

「冷え性」の原因かも?冬の朝食でNGな食べ物

7


単に温かいものを摂るのは逆効果だった?

身体を温めるには単に温かいものを摂ればよいというわけではない、身体を温めるには適した食品、食材がある

熱い飲み物を体に入れることで一時的に温かくなっても、だんだんと体を冷やしてしまうことも

■実は他にも。「小麦粉」は要注意

白砂糖や食パンなど「白い物は体を冷やす」と言われています。その仕組みは、血糖値がかかわっているとか

小麦粉は、もともと寒冷で乾燥した気候の土地でできたものなので、日本人が食べると身体は冷えてしまいます

冬の間だけでも黒砂糖に雑穀米、ライ麦パンなど色の付いた食べ物に切り替えるといいのかもしれませんね。

■朝の「牛乳」も体を冷やしがち

牛乳やヨーグルト、生クリームといった流動性のある乳製品は身体を冷やす作用がとても強いとされています。

牛乳は体を冷やす陰の食べ物ですが、水分を飛ばし発酵させてチーズになると体を温める陽の食べ物になります。

■時間がないから「コーヒー」だけはNG

カフェインが含まれているお茶やコーヒーは交感神経を刺激し血流が悪くなり、結果的に冷えを招いてしまいます。

コーヒーは身体を冷やしてしまうので、1日のウォーミングアップの役割は果たしにくいみたい。

白湯はカフェインはおろか何も入っておらず、水道水を沸かして冷ますだけで簡単にできます。

反対に水分摂取が少ないと、老廃物がキチンと排出されず毒素が体にたまって冷えの原因になる

■生野菜の「サラダ」や「果物」だけもNG

ヘルシーで栄養がたくさん摂れる野菜サラダですが、実はみずみずしい生野菜たっぷりのサラダは、水分が多く体を冷やしてしまいます。

冷え性が気になる人はスムージーだけでなく、手軽に食べられるゆで卵や、ソーセージなども一緒に摂るようにして、スムージーの良い効果を引き出そう

■これからの季節は「温朝食」をしよう

-未分類

×